2017年09月12日

蒸留について

お酒の種類には何がある?

見習いのスタッフにたずねてみますと、
えーと、えーと、えーと……。

『えーと』が多いのはダメ。
まるで勉強してない証拠ですな。

まず醸造酒から言ってみて?
「えー、ビール、日本酒」

ふむふむ、それから?
「ワイン」

はいはい、で?
「焼酎」

なるほど。
「リキュール」
ここまでくると、もうムチャクチャです。

焼酎、リキュールは醸造酒ではありません。
焼酎は蒸留酒、
リキュールは混成酒。

「あのぉ……」
期限をうかがいたずねてきます。
「何?」
「そもそも蒸留酒ってなんですか?」
今さら聞くかね。

ということで、
今回は蒸留酒について。
醸造酒や混成酒は
ちょいと難しいので、
またの機会に。

蒸留酒とは醸造酒を蒸留させたもの。
醸造酒とは先ほどの述べた
ビール、日本酒、焼酎などです。

製品になったそれらを
そのまま用いるわけではないですが、
例えばビールの状態になった醸造酒を
蒸留するとウイスキーになります。
(あくまで簡単に述べると、ですが)

同じように
ワインを蒸留するとブランデーに、
日本酒を蒸留すると焼酎に。

では、蒸留とはいったい何か。
まずビールを例にしますと、
ビールのアルコール度数は約5%前後。

100ccのビールがあったとすると
その内訳は、
純度100%のアルコールが5cc、
それに95ccの水が混ざったもの。
それがアルコール度数5%ということです。
pot.jpg
それでは蒸留のしくみを。
水の沸点は100度、
アルコールの沸点は
水より低く78.125度です。

それで5%のビールを加熱しますと、
まずビールの中に含まれている
アルコールが先に蒸発します。
そうして先に蒸発したアルコールを
凝縮させます。
すると純度の高いアルコール溶液ができます。
ただし100%ではありません。
だいたい一度目の蒸留で
約20%前後のアルコール溶液が抽出されます。
二度目になると、
それが60%を超えるアルコール溶液になります。
それが蒸留の仕組みです。

わかりやすく説明します。
大衆浴場などで、
背中にぽたりと水滴が落ちてきたこと
ありませんか?

ようは、あれと一緒です。
天井に上った湯気が、
凝縮されて水滴になる。

非常に簡単にまとめましたが、
蒸留という工程、
なんとなくわかっていただけましたか。

posted by youcoat at 22:48| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

酒税法違反

先日、とあるスペイン料理店に行ってきた。
スパニッシュオムレツなどの前菜から始まって、
きのこのアヒージョやパエリアなどを頂く。

店主は毎年スペインまで修行に出向かれ、
新たな技術を仕入れて帰国されるそうで、
いつも最高の料理を提供してくれる。
ただし写真を撮ったら怒られるので、
料理画像はなし。

飲み物はビールスタートで、
白ワインからサングリアへ。

サングリアはワインに果実を漬け込んだ酒で、
簡単に作ることができる。

普段は甘い酒はあまり好まないが、
スペイン料理とはよくあう。
いや、じつにうまい。

こんなに相性のよい酒が、
じつは法律に引っかかるのだ。

酒税法違反

酒類製造免許があれば問題ないのだが、
そんなもの誰かれなく持っているわけがない。

で、特例措置として下記の項目が設けられている。

旅館等を営む者が宿泊客に提供するため、
その旅館の料理場の者がその料理場において
飲用を目的として作られること云々。

しかも、その上にベースとなるアルコールの種類や
漬け込む果物等の種類まで細かく決められている。
それを踏まえたうえで、
税務署に何らかんらの書類を提出しなければならないという
なんとも面倒くさいことになっている。

店主がその手続きもろもろをとっているのか
知る由はないが、
ぜひとも、
店の営業に支障が出ないよう
ただただ祈るだけである。

個人的感想。
 ↓↓↓
ほんと、バカ野郎な税務署だ。
posted by youcoat at 17:06| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

お酒とダイエット

先日のこと、
口開け早々に訪れたお馴染みさん。
席に着くなり、
「暑い暑い、ビールちょうだい」
彼女は大のビール党だ。

「あ、やっぱりワインにして。辛口の白ワイン」
「え、どうしたんですか?」
「ビールはしばらく飲まない」

聞くとダイエット中だとか。
全然太ってないのに、
むしろ瘦せてるほう(どちらかと言えば)なのに、
女性とはわからん生き物だ。

「糖質制限ってやつですか?」
下唇を出しながらうなずく彼女。
「でもね、ワインも糖質ありますよ。ビールほどではないですけど」

ちなみに赤と白では赤のほうが糖質は低い。
くわえて、赤ワインはポリフェノールが豊富だ。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、
血糖値を下げる効果があるという。

参考までにそれぞれのアルコールの糖質を記した。

酒の種類 − 糖質(約) − 対象となる量
ビール  −  10〜12.5g  −  小瓶サイズ
発泡酒  ー  0〜12.5g  −  350ml缶
白ワイン  −  2.0g   −  1グラス(約100cc)
赤ワイン  −  1.5g   −  1グラス(約100cc)
ロゼワイン  −  4.0g  −  1グラス(約100cc)
日本酒  − 8.2〜8.8g  −  一合
純米酒  − 6.4〜7.3g  −  純米や吟醸によって異なる
焼酎  −  0g
スピリッツ  − 0g  −  ラム酒を除く
ウイスキー  − 0g  −  基本的にはなし
ブランデー  − 高糖質  −  カラメル含有

蒸留酒であるくせにブランデーは糖質が高い。
いまいましいこの現状の訳は別の機会にするとして、
ただ、糖質がないからといって、
カロリーがないわけでもない。
深酒すればやはり太る。

ただ、アルコールのカロリーは
エンプティカロリーと呼ばれ、
基本的には体内に蓄積されない。
どういうことかと言うと、
お酒のアルコールは肝臓で直ちにエネルギーとして分解され、
優先的に消費される。
ようするに体に脂肪として蓄積されにくいということ。
ただしここに盲点がある。

肝臓は摂取した糖質を貯蔵する(100gとされている)が、
摂取したアルコールを分解するのも肝臓なのだ。
したがってアルコールを分解している間、
肝臓は糖質を処理することができない。
では、その糖質はどこへ行くのか。
脂肪になるのだ、脂肪になるのだ、脂肪に……。
ね、盲点でしょ。

だからアルコール度数の高い酒を多量に飲むと、
処理してもらおうと待ってた糖質は、
処理されずにほったらかしにされて
ぜ〜んぶ脂肪になっちゃうのだ。

「だからね、一緒なんですよ。どーせメガ飲みするんだから」
「うるさい。マスター嫌い!」
あ、そう。
やっぱり女性は面倒くさい。
posted by youcoat at 19:17| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする