2018年12月13日

アイリッシュコーヒー

12月に 入って 一週間 、 ようやく 冬らしく なってきたような 気が します 。 

寒く なって くると 、 ちらほらと ホットカクテル なんぞが 、 注文されたり します 。

ホットカクテル といえば 、 やはり 定番は バタードラム ですね 。


次に よく出るのが 、 ホットワイン 。 

でも、今回はあえて、違うカクテルを。

アイリッシュコーヒー を ご紹介 したいと 思います 。


作り方 自体は 、 ホットコーヒーに シロップと ウイスキーを 入れて 生クリームを フロート すると いう 、 単純な ホットドリンク ですが … 。

続きはこちらからどうぞ → https://web-barman.net/2018/12/12/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC/

posted by youcoat at 21:20| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

ニュー・カリフォルニア・ワイン

2010年を過ぎてから
少しずつ注目されてきている、
新潮流のカリフォルニア・ワイン
ご存知でしょうか。

ニュー・カリフォルニア・ワイン。

あまり聞き慣れない
ワードかもしれませんが、
今カリフォルニアでは
新しい世代の生産者たちが

土地固有の風土を表わす
エレガントなワインを造ろう

をスローガンに
革命を起こしつつあるそうです。
ようするに
テロワールを表現する
ということだと思います。

日本などではまだまだ

アメリカワイン=濃厚
フランスワイン=エレガント

というイメージがあるようですが
ニュー・カリフォルニア・ワインは
まったく違います。

先日その講習会に参加しました。

ニュー・カリフォルニア・ワイン
そのテイストは
フレッシュ感、繊細さを主とし
バランスを重視する。
そして長期熟成能力がある。
ということです。
酸味があり味が薄いともいえます

自社畑を持たないことで
多種のブドウ品種を使用するのも
大きな特徴のひとつです。

銘柄によっては、
かなり薄いと感じるものもありました。

受け入れるか
受け入れないかはともかく
新しい風が吹くのは
バー業界にとって
非常にプラスだと感じました。
posted by youcoat at 21:29| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ボジョレーヌーボーって? PART2

ボジョレーヌーボーが製品化される期間は
ぶどうを摘み始めてから
ワインができるまで
わずか二か月という早さです。

その作り方は
マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬法)
という製法で作られます。

収穫したブドウを除梗・破砕せず
そのまま発酵タンクに入れます。
すると、ぶどうの重みによって
下のぶどうから自然に
果粒がつぶれて液面が上昇し、
発酵が始まります。

発酵が始まると炭酸ガスが発生し
密閉タンクの中はガスで充満します。
そんなタンク内では
酵素によってつぶれていないぶどうの
酵素の働きによってリンゴ酸が分解され、
アミノ酸、コハク酸、
アルコールなどが生成されます。

このときにぶどうの果皮からも成分が浸出し
色が溶けだしていきます。
ボジョレーヌーボーの色が
味に比べて濃いのはそのためです。

そしてなおもタンクの圧力が上がり、
つぶれていないブドウもその圧力でつぶれていきます。

そうして苦みの少ない
フレッシュな味わいのワインが生まれるのです。

発酵期間は温度によって異なりますが
だいたい10日前後というところです。

ボジョレーヌーボーの中で、
ワンランク上のヌーボーに
ボジョレーヴィラージュヌーボーがあります。
ヴィラージュヌーボーは通常のボジョレーに比べ、
果実味が多くて濃厚なのが特徴です。
38のコミューン(地区)から収穫した
ブドウだけを使用します。
これはボジョレー全生産量の
25%を占めています。

ワインの新酒はボジョレーが有名ですが、
何もボジョレーだけではありません。
イタリア、ドイツ、オーストリアなど各国にあります。

日本でも山梨ヌーボーが
解禁日を11月3日になっています。

ちなみに各国の新酒解禁で
一番早いのが10月30日のイタリア。
イタリアでは新酒をヌーボーと言わずノヴェッロと呼びます。
以上、
ボジョレーヌーボーについて
でした。
posted by youcoat at 19:18| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする