2017年09月28日

バーボンウイスキー・オールドグランダッド

「今日はすごくいいことがあって」
そう語ったバーテンダーは、
仕事帰りのお客さん。
なんでも店内で流していた
レイチャールズのMVに
反応したお客さんがいたそうだ。

レイチャールズは盲目でありながら黒人の魂を歌い、
ソウルの神様とまで言われたカリスマ歌手。

それで、バーボンの先駆者的存在でもある、
オールドグランダッドをダブらせ、すすめたらしい。

レイチャールズの力なのか、
それをたいそう気に入られたそうで、
調子づいた彼は、
同じ仲間のベーシルヘイデンをすすめ、
これまた気に入られて上機嫌、
という流れだそうだ。

ま、なんにしても、
すすめたお酒を気に入ってもらえるのは、
バーテンダー冥利に尽きるわけで、
上機嫌なのも納得。

というわけで、
今回はその二種類のバーボン
ご紹介します。

OldGranddad_2.jpg
オールドグランダッド【OLD GRABD DAD】
アルコール度数43度(86proof)6年熟成

アメリカ大統領がまだジョージワシントンの時代、
ベーシル・ヘイデン・シニアが蒸留所を建てた。
家業は受け継がれ、
三代目レイモンドが1882年、
バーボンウイスキーを誕生させた。

彼は祖父への敬愛を込め、
オールドグランダッドと名付けた。
初めて商品化されたバーボンともいわれている。

原料比率は定かにされていないが、
ライ麦の含有率が高く、
ジムビームの倍以上といわれている。

同バーボンは他にも、
オールドグランダッド・ボンデッド(注1)
オールドグランダッド114
の二種類がある。
現在はジム・ビーム蒸留所で造られている。

basilhayden_2.jpg
ベーシルヘイデン【BASIL HAIDEN’S】
アルコール度数40度(80proof)8年熟成
オールドグランダッド用の熟成原酒を
厳選してブレンドした
スモールバッチバーボンウイスキー。(注2)

名前の由来は
オールドグランダッドを世に出した
ベーシル・ヘイデン・シニア氏の名から。

オールドグランダッドと同様、
ライ麦の含有率が高く、
スパイシーな風味があり
軽やかな口当たり。


注1:ボンデッド
ボトルド・イン・ボンド法の略
単一蒸留所で同年ワンシーズンに蒸留された原酒のみを、
政府の保税倉庫で4年間熟成させた後、
100プルーフ(50度)で瓶詰めするという法律。

注2:スモールバッチ
選び抜かれた少数の樽(10樽以下)を
ブレンド(混合)し瓶詰めしたもの。
また一回の生産が少量の場合もこう呼ばれる。


posted by youcoat at 20:44| Comment(0) | バーテンダーの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。